行政書士は独学でも受かります|スキマ時間に勉強する癖付けが必要

短大でも専門学校でもOK

エプロン姿の女性

小さい子どもの世話をする保育士ですが、保育士になるには大学に通う必要はありません。短大や専門学校へ通うことで保育士になることができます。短大は2年の勉強で保育士になることができるので、大学へ通うよりも2年短縮することが可能です。短大や専門学校では幼稚園教諭の2種免許などの資格を取れる学校があるので、保育士だけでなく他の資格を取ることも考えているのであれば、どの学校でどのような資格が取れるのか確認することが必要です。同じ短大でも授業内容は異なる部分があります。学科名によって教育を重視したり、福祉の授業を重視したりします。大学であれば4年間で保育士になるのですが、短大は2年間で保育士になるので授業が多くなるため、時間に追われる生徒も少なくありません。幼稚園教諭の勉強もするとなると、さらに勉強量が増えるため、なかなかサークルやアルバイトなどの時間を確保することは難しいです。2年間で詰め込むため忙しくなりますが、この2年を乗り越えれば早く保育士として子どもに接することができます。学費の目安としてはそこまで大学の学費と大差あるものではありません。
また、専門学校でも保育士になれるのですが、メリットは短大とほとんど変わりません。短大と変わるのは入学後すぐに実習を行う学校があるということです。すぐに実習を行うことで保育士としての自覚を芽生えさせることができます。専門学校は短大よりも多少安い傾向があります。どの学校でも保育士になれるので、学校の特色などを参考にして決めると良いでしょう。