行政書士は独学でも受かります|スキマ時間に勉強する癖付けが必要

大学でも保育士になれる

子供と保育士

高校3年生であれば進路を決めることになるでしょう。進学を考えたり就職を考えたりすると思います。そのなかで保育士になろうと思い調べてみると、大学だけでなく短大や専門学校でも保育士になることができることに気付くはずです。大学は4年、短大や専門学校は2年勉強することになりますが、年数を理由に短大や専門学校を選ぶ人が多いです。実際、保育士の免許を持っている人は短大や専門学校を卒業した人が多いというデータがあります。しかし、年数だけで学校を決めてしまってはもったいないです。大学に通うメリットがあるのでその点を紹介します。
4年制大学に通う最大のメリットは時間に余裕があるということです。2年の勉強では詰め込む量が多くなるので、学生時代の大半を勉強に費やすことになります。一方大学では時間に余裕があるので、アルバイトをしたりサークル活動したりする時間があります。実習も2年のときと3年のときなどに分けて行なうことが可能です。また、保育士だけでなく他の資格の勉強をしたくなっても時間に余裕があるので、複数の資格勉強をすることができます。就職先によりますが、大卒のほうが初任給は高くなることがあるので、給与面でもメリットがあります。保育士一本であれば短大や専門学校を考えてもいいのですが、他の道も考えているのであればじっくり先のことを見据えることができる大学を選んではどうでしょうか。大切なことなので安易に学校を選んではいけません。