行政書士は独学でも受かります|スキマ時間に勉強する癖付けが必要

時間を有効活用しよう

法律書

行政書士を目指す主婦の人もいると思いますが、勉強するときにはスクールへ通ったり通信講座をとったりする人が多いです。スクールや通信講座には授業料や教材費などがかかるので、あまり費用をかけたくない人は独学になります。独学だとスクールに通わなくても済みますし、教材を持っていればどこでも勉強をすることができるはずです。行政書士はなかなか難しい資格ではありますが、取ってしまえば高収入に繋がりますので、早めにとっておくほうがいいです。主婦であれば家事や育児をすることになりますが、比較的時間を作りやすいのではないでしょうか。また、音楽プレーヤーなどに教材のCDを入れておけば家事をしながら勉強することができます。
行政書士の資格を取ると様々な働き方があります。フルタイムでも働くことができますし、育児のために午前中だけという働き方も可能です。独立して働くこともできるので、どこかの事務所で経験を積んだあとに1人で働くこともできます。また、行政書士は1件受けるだけで少なくとも1万円の収入にはなるので、高収入が期待でき家計の助けにもなるでしょう。もし、独立して働くのであれば最初は主婦という肩書を名刺や事務所紹介などに使わないほうが良いでしょう。あまり好意的に受け取る人は少ないはずです。しかし、顧客ができたり紹介をしてもらったりと人気が出てきたときは主婦という肩書を使っても問題ありません。主婦だとなかなかご飯を作ったり掃除をしたりと忙しいと思いますが、空いた時間を利用して勉強すると少しずつでも向上することができます。

受かる大学を1つ受ける

女の子と先生

幼稚園教諭になるには大学で勉強する必要があります。学費が安い国公立が人気ではありますが、知名度の高い大学も人気があります。複数受けることが可能ですが、そのうちの1つは必ず受かる大学を受験しましょう。

詳細を読む

短大でも専門学校でもOK

エプロン姿の女性

保育士は短大でも専門学校でも資格取得は可能です。どちらも2年間で保育士になれるので、すぐに働くことができます。2年で資格をとることになるので、しっかりと勉強しなければなりません。

詳細を読む

大学でも保育士になれる

子供と保育士

保育士になるために大学を選ぶことも考えてはどうでしょうか。なぜなら、大学なら時間の余裕があるのでアルバイトをしてお小遣いを稼いだり、サークル活動で大学生活を充実させたりすることができます。

詳細を読む